白うさぎの読書ブログ

読書好きが個人的に面白いと思った本や学び、社会への疑問などについてのんびりと書いている雑記帳です

きっと必要なものはそんなに多くない

家の片付けが好きで、断捨離っぽい特集にはつい目が行ってしまう私です(笑)

 

ストレスなどを吐き出すようにお金を使っていた頃、私は、若く、そこそこの給与がもらえる一部上場企業に勤め、福利厚生もきちんとしていて、

はたから見ると、幸せそうに見えていたようです。

その仕事を手放したとき、バリバリだったのに何で?とたくさん言われました。

 

でも、競争の嫌いな私は、その中での出世競争、評価競争、ノルマ合戦に疲れ果て、

その上若い女性であることで、接待などでのホステス要員としての扱いにも疲弊し、

いくら仕事をしても、女性という変えられない性別のせいで、同じ大卒社員であっても女性は会議にも出られないというおかしな扱いに耐えられず、常にパイオニアで、女性初の、などと言われ、男性だったらごくごく普通のことをしただけで、会社に革命を起こそうとしていると言われ、次第に、夜眠るときに、このまま目が覚めなかったらいいのに。と、思うくらいに疲れていました。

 

勉強して、自分を高める。順位などはあれど、ライバルは昨日の自分。そういった競争ならいいのだけど、

スポーツなどもそうだけど、レギュラーと補欠、課長と平社員、など、個人的に勝った人がいれば負けた人がいる。そういった競争が、昔から苦手で。

勝つのはうれしいけれど、負けた人の気持ちもわかる。

負けると勝った人をうらやんでしまう。

 

近いところで、勝ち負けが見えるような、そういった競争ではなくて、良くも悪くも自分のせい、といった、もう少し小さな単位で、自分自身と戦いたい。

 

上手く言えないけれど、自分が頑張って、人を喜ばせることができて、そのレベルに達して、それで生きていけて、良かったな、と思えるくらいの、小さな生き方がしたいと、心からそう思っていました。

 

小さな商店経営の家に生まれたこともきっと影響していると思います。

小さいお店は、大手との経済的な競争があるように見えるけれど、

きっと両親はお客様の顔しか見ていなくて、どうやって満足していただけるか、といった自分との闘いで仕事をしていました。

目の前のことを、誠実に一生懸命。

 

大きな組織では、大きな仕事が、その組織のネームバリューでできるけれど、

歯車としての生き方は否めない。

そして、どこかに勤めているということは、そこでの出世や、力関係、評価などで競争にさらされ、ポジションを争い、負ければ、見下されたりすることもある。

 

小さく生きるを始めたばかりの頃は、本当に必要なものではないのに、

それまでのようにお金を使えないことにおびえて、不安に駆られたりしたけど、

しばらくして、今までいったい何にお金を使っていたのかと思えるほど、

必要なものはすでに持っていたことに気付きました。

 

何も持たない若者の頃は、積み上げることに必死だけれど、

ある程度経験をつんだ大人になると、本当に「必要」なモノはもうすでに持っていて、

きっとそのことに気付く時間がないのだと、そう思えました。

 

そして、大人に一番必要なのは、きっと、本当に大切にしたいものや人に気付き、大切にできる「時間」なのではないかと、私は思います。

 

きっと今後、「必要」な仕事はもっと減ってくると私は思っています。

 

今いる場所が、矛盾に満ちていて、辛くて、しんどくて、

もしそんな状態なら、きっと大切にすべきものが間違っている。

個人的に、そう思います。

 

必要なものは、すでにそばにあったりする。

大切な人や物がそこにあるのは、当たり前のことではないのですよね。

忙しく疲れ果てていると、大切にすべき基準が、どんどんずれていく。

 

 

きっと、必要なものはそんなに多くない。

 

 

大切な人たちを、大切にできるだけの、

大切な人達と、質素でもいいから、穏やかに暮らせるだけの、

それだけのお金があればいいのだけど、なぜかお金がたくさんないと、

暮らせないように暮らせないように変化が起こる。

どうしてだろうね?

 

 

 

お読みいただきありがとうございました^^

久しぶりの読書紹介です

読書の好きな私ですが、最近少し読めずにいました。

かなりの量を毎月読んでいて、ちょっと読みたい本に出会えなくて、

1か月くらい小休止していました。

 

その間、庭の畑をきちんと耕し土をいれて、カバーをかけたり、

仕事の勉強をしたり、断捨離したりして、自分を整えることに集中していました。

 

服を、少し手放しました。

何年も着ていたけど、なんだか最近買った服のように思っていて、

よくよく見てみたら毛玉などができていたり、深い色の服が色あせして白っぽくなっていたりして、これはもう上品に着られないなと判断したものは処分することに。

 

もう年齢的にたくさん買ったりはなくて、

5着くらい手放したら、1,2枚購入といった感じで量を減らしていっています。

自分の管理できる枚数は、そんなに多くないのを悟ったので・・・^^;

 

あと手放したくても手放せないのが、お皿。

頂き物も含め結構な量があり、すっごく減らしたいのですが、まだ使えるしきれいだしもったいないし・・・と手放せずにいます。割れてくれたり、欠けてたりしたらすぐに処分できるのですけど、割れない(笑)

 

そんなこんなで1か月くらい本をあまり読まない生活になっていました。

でも、久々に面白かったな・・という本にいくつか出会えたので、またスイッチが入りました^^

 

今回は、小説をいくつか読みました。

ちょっと不思議なお話でしたが、どちらも号泣してしまいそうに・・^^;

カフェなど人前で読まなくてよかったです・・・

 

 

今回読んだ本たちはこちら(=゚ω゚)ノ

 

「猫を処方いたします」 「猫を処方いたします2」 

石田 祥

 

これは、1.2巻一気読みしました。

1巻で不思議に思えたことも、2巻で少し回収していて、全体的にかわいいのだけど泣けるというか・・・こころの震えるお話です。

京都市中京区の薄暗い路地にある「中京こころのびょういん」

必要な人だけそこにたどりつくことができ、訪れた患者には猫が処方されるという、そんなわけないよね設定なのですけど、読み始めたら止まらないし、ほのぼのそうに見えて、チラチラ見えてくる悲しい過去。

「ずっとって言うてたのに。あなたのずっとに、いてあげられんでごめんね」

(´;ω;`)ウッ…

おすすめです・・・。

 

「魔女のいる珈琲店4分33秒のタイムトラベル」

 太田紫織

一瞬タイムスリップ物のファンタジーのように感じる題名ですが、結構内容は重ためです。女子中学生が主人公ですが、あるきっかけで、心底過去を変えたいと望む人たちを、4分33秒だけ過去に戻せるという時守の才能に目覚めてしまい、そこからいろんな人たちの苦悩と葛藤に出会い、自分自身の悩みと向き合い成長していきます。

いろいろな人達の葛藤が、本当に読んでいて辛くて、感情移入して泣けました。

週末読書におすすめです。現在2巻まで出ています^^

 

 

今回は2冊ご紹介しました。

面白い本などに出会うと、なんだか刺激になってまた頑張れる気がします。

 

 

お読みいただきありがとうございました^^

 

幸せのつかみ方

学校では、勉強や、進学や、国際理解など、いろんなことを学べる。

今は、ネットで無料で学べるツールも多くて、昔と比べるととてもいい時代になったと思う。

 

でも、今も昔も、教えてもらえない。

幸せになる方法。

 

そもそも幸せが人によって違うし、どういう状態が幸せなのかを、真剣に考えたことのある人がどれだけいるだろう。

 

人との競争に打ち勝ち、望むものやポジションを手に入れ、走り続けることが幸せなのか、それとも?

 

具体的にどうなりたいのか、特に、女性は、もっともっと若いうちに真剣に考えるほうがいいように感じている。

 

過去の私は、その時そうあるべきの、100点を目指して頑張るような人間で、

そのうちどうしたいのかもわからなくなったから。

 

自由にいろんなことが選べる時代だけど、社会構造の変化の速度は遅い。

だから、とりあえず100点目指す方向に行きがちだと思う。

そして、どうしても合わないけれど、手放すことがまるで地獄に落ちるように感じる大企業や公務員や、その他の大手にいたら、

手放せないけどすごく苦しい。周りから見たら勝ち組だけど。

でも、きっと手放したら 茨の道と、ステイタスのない世界が待っている。

何をしたらいいかもわからない。

そういう時、自分でステイタスを作るのはとても大変。

・・・ってなると詰む。

 

自分なりの、「幸せ」の定義のつかみ方を、早いうちに知るほうがいいと、個人的には感じている。

特に、女性。

 

女性には、いろんなタイムリミットがある。

そしてまだ、社会は若い女性を求めがちなところもある。

 

幸せの定義を、自分なりの哲学をもたないと、流されてあっという間に時は過ぎて、

とてもまじめに一生懸命頑張っている人が、幸せではないということも時に起こりうる。

 

まじめに頑張れば評価される。

きっとこれは、学生まで。

でも、そのことを誰も教えない。教えたら、誰か損するのか、学生までの、輝きを楽しんでほしいと思うのか、教育現場だけの理想を追い求めているのか。

 

机上の理想と、現実の経済戦争は違う。

だって戦いだから。

勝てば官軍負ければ賊軍。これ、本当だなと実感することがある。

 

最近、ホワイト社会化が進みつつあり、だいぶ昔のおかしなことが、白日の下にさらされつつあるけれど、長年かけて積み上げられた壁は厚い。

 

壁を壊そうとするよりも、壁のない世界を自分で作ったほうが早いかもしれない。

 

今、20代だったら、新しく自分で起こしたもので、暮らせたらいいなぁと少し思う。

 

誰もが幸せの定義を、自分なりに持っている。

でも、同じようにつかみにいかないといろいろなことを言われたりするのはめんどくさい。

もっと自由に、評価されやすく、誰もが喜びをもって働き、

そして時に休み、また働き、家族と過ごし、ときに学び、

そんな流動的な世界にならないかな・・・

 

たまに、そんなことを思ったりする。

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました^^

原因は人だよ・・・

ある回転寿司屋さんがありました。

新装オープンということで、長者の列。

近くだったので家族で行ってみました。

 

そして・・・

 

お寿司の味も思い出せないくらい、お店の対応というか、マネジメントというかが最悪で、それ以来1回も行かなくなりました。

 

そしてその後、あっという間にそのお寿司屋さんは閉店し、

また居抜きで別の回転寿司屋さんが入りました。

 

セールで100円!とかいろいろキャンペーンをされていましたが、流行らず、またすぐ閉店しました。

 

そしてまた居ぬきで別の回転寿司屋さんが入りました。

週末でもあまり人が入っていません。

 

最初は入店に時間がかかるくらい行列だったのに、その後ほとんど人が入りません。

2店目以降のお店は、違う感じだったかもしれないけれど、でも同じところにある同じような回転すしのお店。

イメージはそのままです。

 

二度と行かなくなった原因は、店員さんの客さばきのへたさ。回転率を無視した片付けの遅さ。待っている人がかなりいて、店員もあまっていそうなのにいつまでも片付かない食べ終わったテーブル。会計にものすごく時間がかかり、会計も行列。

注文してから出てくるのが劇的に遅い(回転寿司なのに)

といったことでした。

 

お寿司の味とか、値段とか、覚えていないのです。

 

お魚の品質とか、値段とか、かなりお客にとっていいものだったとしても、

きっと店内マネジメントができていなくて、スタッフさんもオープニングアルバイトで教育なしのままオープンしたようなイメージ。

右往左往するだけで、お客を死ぬほど待たせるだけで、席が空いているにもかかわらず回転率が悪く、イライラしたのは私だけではないはず。

 

あんなに行列だったのに、今では週末でも人が入っていません。

別のお店になっているけど、イメージは悪いまま。

 

行列だったのだから、うまくすればリピート客で回ったかもしれないのに。

 

・・・と他人事ながらやきもきしていました。

 

 

でも、つまりは人なんだな、と思いました。

そこにいる人で、どんな会社やお店もイメージが決まる。

人を教育できるか、常識的でいい人材を取れるか否かで、売り上げも決まる。

 

そんな風に感じました。

 

人件費という言葉。

人件費は一番大きな経費を占めていて、削減したい気持ちはよくわかるけれど、

人への投資を、教育をやめたら、

その場限りの採用を繰り返していたら、

きっとその会社の戦力は、どんどん下がっていくのではないのかな・・

 

人手不足で倒産。

よく耳にするけれど、それはきっと、人を育てること、その人を守ること、そういったことを怠って、都合よく働いてくれる人を求めすぎ、

人が多くていくらでも使い捨てにできた時代はよかったけど、少なくなってきたら、

使い捨てされるようなところでは誰も働きたくないから、働かなくなった。

そして、仕事を受けても、それができる人間がいなくなって、会社自体をたたむことになった。

 

そういうことが、今後も増えるように思います。

その痛みを、受け入れつつ、淘汰されるべきは淘汰されることがいいと私は思います。

 

新しい場所は、古いものが消えないとできないので、未来をみて楽しめるよう、応援すべき企業が増えるよう、微々たる応援を楽しめるよう、

そんな、会社が出てきたり、残ってくれることを楽しみにしています。

 

 

お読みいただきありがとうございました^^

小さな小さな幸せを

年を重ねるたびに、ありがたいと思うこと、疑問に思うこと、なぜ変えられないのかと憤りを感じることなどが増えていく。

 

若い頃は、

いわゆる、「怖いもの知らず」だった勢いのある頃は、自分の周りにいる人や、起こることが人生のすべてで、そのほかのことはどこかの誰かがやってくれていて、自分には関係ないことだと思っていた。

 

でも、今は、すべてはつながっていて、誰かがやってくれていると思っていた誰かは、

誰かの大切な人で、誰かの子供であったり親であったり、孫だったりするんだな・・と思うようになり、人ごとではないな、という気持ちになることが多い。

 

ブラック労働も、お金に関するいろいろなことも、税金や、少子化、格差、老後、

そういったいろんなことが、身近に感じられるようになった。

 

そして、いろいろいろいろ考えた。

 

そして、ふと思った。

 

ただの一人の人間に、世界は変えられない。

だから、せめてこれから会う人への言動や、一個人として私がすることに責任をもとうと。

 

いろいろと考えて、ベストだと思える日々を過ごすこと。

自分の幸せや、周りの幸せ、周りへの配慮。

いろんなことを考えて、今はこれがベストだと、そう思える生き方をしよう。

周りの大切な少しの人を、できるだけ幸せにできるよう、努力しよう。

そして、ちゃんと選択をしていこう。

そんな風に思った。

 

 

生きていると、時々ほんとうに糞みたいなことが起こる。

あえて下品な言い方をしたけれど、ほんとに理不尽なことも起こったりする。

 

けれど、自分がされたそういうことを、人に返さないよう、自分というものをしっかり持っていたいと思う。

 

ぶれぶれで、人の言うことに振り回されまくっていた私が、そんな風に思うようになったのは、ひとえに経験と学びだと思う。

 

いろんな人に助けてもらった経験。

いろんな理不尽にあった経験。

いい人も、そうでない人もいるという経験。

本当に、悪気なく、物事を知らない人がいるという経験。

自分が、いろんなことに無知で、失礼だったということに気付く経験。

 

そして、もっと早く学んでいたら、きっと傷つけなくて済む人たちがいたという思い。

 

学び続けることは、自分と向き合うことで、いろんなことに気付き始めてからは、後悔の嵐が襲ってきたりしたけれど、

 

これからは。

 

これから先の人生は、強く自分を持ちたい。

 

精神的に、いろいろと自立していたい。

 

いろんなことで、人に助けてもらうだろうけれど、

それを当たり前だと思わない自分でいたい。

 

そんな風に思います。

 

時々、春の嵐のようにブレブレで吹き荒れてくる感情を、うまくコントロールできたらいいな・・・

でもできないときの対処法はもっておこう。

そんな理想通りにはいかないかもだけど。

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました^^

 

誰か覚えていますか?

今週のお題「懐かしいもの」

 

久々にブログを書いてみる。

 

少し前に、遠い遠い、幼稚園とか小学生時代に流行っていたものやコトについて話す機会があった。

 

当時活躍していたアイドルとか、流行っていたグッズとか。

 

こんなものがあったよねー(笑)と、笑いあった。

 

でも、そこのみんなが覚えていないものがあった。

えーー・・・^^;私だけ覚えているのか?

もしかして夢だったのか?

ちょっと記憶がやばいのか・・?

 

・・・とちょっと心配になってググってみたけどヒットしなかった・・・(´;ω;`)

ほんとに妄想だったのかしら^^;

誰か知っている人いないかな・・・

 

・・・ということでここで書いてみることにした(笑)

 

「見てはいけない 豚の入地恵。悪魔のささやき 豚の入地恵」

ってあやしい魔女っぽいおばあさんが言いながら、何かをぐるぐるかき混ぜてるおやつのCM(たぶんおやつだった)

 

知ってる人いませんか( ^ω^)・・・?

 

なつかしいねーが、私だけで悲しかったです。

誰か・・・・(笑)

 

 

お読みいただきありがとうございました^^

年齢とイメージ

最近は、寿命100年時代と言われていて、

昔々の昭和の時代だったら、おじいちゃんおばあちゃんと言われていた年齢でも、

今はものすごく若々しく元気だったりする。

 

例えば、昔の70代と、今の70代は、全然違うように思う。

 

時代の変化もあるけれど、

勤めている場所とか仕事によっても、またイメージが違う。

 

サラリーマンだと、40過ぎたらだいたい決着がついて、

50過ぎたらそろそろ終わりが見えて、55歳~59歳くらいで、出世頭的な人以外は職位をはく奪され、新入社員並みの給与に毛が生えたような給与になり、定年まで在籍する。

その後は、低い給与で再雇用される。そして65歳~70歳くらいで終わり。みたいな。

 

大人数の会社だと、差はあれどなんとなくそういうイメージだから、

50歳オーバーなんてかなり上の方にいる人という感じになる。

 

しかし、職人さんの世界で50代といえば働き盛り。

大工さんなどは70代の棟梁さんもたくさん。

地方では50代は若手。

 

年齢のイメージは、場所や職業、地域などでもものすごく違っているような気がしている。

例えば・・・昔会員カードを作っていた某デパートから、30歳のときから急にミセスのお店の案内が来るようになった。

そうかこのデパートでは、30歳からそちらの売り場に誘導するというイメージなのかと思った。

 

でも、年齢問わずに作られたもののほうがいいのにな、とちょっと思った。

シニアの方が、若者向けと想定されたものを、喜んで買うかもしれないのに。

機能的に、例えば足に障害のある方が履きやすいズボン、とか、肌が敏感な方向けの自然素材の服、とか年齢を重ねて歩くときに滑りにくい靴底の靴、とか乳児を抱えた人が授乳しやすくぬぎ着やすい服、とかなら、その機能を目的として購買する人は多いと思うけれど、

どんな状況にあるかわからない一人一人に、年齢でアプローチするのは、どうなのかな…と思ったりもする。

 

 

マーケティングの世界では、年齢層別に商品を変えてアプローチする例もありそうだけど、人それぞれなのにな・・とよく思う。

 

私の祖母は、80歳の時に、COACHのサングラスをしていた。人に贈られたものだったそうだけど、よく似あっていた。

 

体の年齢は、確かに少しずつ年老いていくけれど、

中身は人それぞれで、昭和なレトロなものを愛する若者もいるように、

若者向けのものを好む高齢者もいるだろうに、とよく思う。

 

企業側や、いわゆるマーケティングを行っている人達、いや、今はAIなのかもしれないけれど、響くものは人それぞれで、売る側から、「あなたの年齢にはコレデスヨ」みたいなことを言われるのはちょっと抵抗感がある。

 

スマホだって、若者だけのものではないし。

 

おばあちゃんの佃煮のお店とか、和菓子屋さんみたいなところが好きな若者だって

いるし。

 

外国では、初対面でまずその人のことを聞くのに対し、

日本人はまず相手に年齢や職業、ポジションを聞く、と聞いたことがある。

 

年齢で、カテゴライズする方が、楽だし、教育現場には同年代しかいないし、

いろんな年齢でシャッフルされるのは嫌な文化なのかな・・とも感じたりする。

 

だから、年齢層で分断をあおったりしたほうが、政治への批判をそらせたりするのに有効と思われていたりして・・・?

 

なんだか邪推をしてしまったけれど、

同年齢だけで過ごせるのは、大学くらいまでだし、「ダイバーシティ」というのなら、まず最大のダイバーシティは年齢の多様化ではないのかな・・・なんて。

 

日本の企業の幹部のダイバーシティなるものは、まだまだ田舎ほど、男性と外国人男性だったりするけど。

 

どの世代も、そこそこ幸せに生きられて、どの世代も未来を悲観していなくて、

そしていつか来る衰えを、恐ろしいと思わず生きていける世の中にしたら、

若者だけの問題みたいに言われている少子化も、解決するのではないかな・・・。

だって、今若くても、いずれ中年になって、シニアになっていくのだし。

今の若い人たちは、賢い人も多いから、今だけで物事を見ずに、いずれやってくる将来に、希望があるかどうかでいろいろ判断してるかもしれないのに。

 

年齢を階層的に分けて、断定的に判断し、時に崇め、時に見下し、

分断させていくのは、どの世代にとっても、これからきつくなるのではないのかな・・・

 

そんなことを、ふと感じたこの頃でした。

 

 

今週手に取った本は、

「お探し物は図書館まで」 青山美智子

「居酒屋ぼったくり」 秋川滝美

 

どちらも毎日少しずつ、一日の終わりに読みたいお話です。

特にぼったくりのほうは、お酒の知識がめちゃくちゃ増えます(笑)

 

 

お読みいただきありがとうございました^^