白うさぎの読書ブログ

読書好きが個人的に面白いと思った本や学び、社会への疑問などについてのんびりと書いている雑記帳です

もしも魔法が使えたら

 

人を幸せにできる、温かさを持った人っていますよね。

そうありたいといつも思っているけれど、

未熟者の私は、時々自分のことでいっぱいいっぱいになるときも・・・。

 

人を温かい気持ちにさせられる人は何が違うのかな・・・と思って観察してみると、

人生であれ、仕事であれ、家事でもなんでも、なにかに熟練してる方が多いなぁと、個人的には感じます。

自分が熟練しているからこそ、うまく人に頼ることができる。

「あなたがいてくれてよかった」と、そう言えるのは、人を必要としてあげられるのは、きっとその人自身が、だれよりも熟練しているから。

そして、本人は言わないけれど、見えないところで、とても苦しんだ経験があるから。

 

個人的に、そう感じています。

 

今回ご紹介するのは、こんな人が近くにいたら、

子供の頃に出会っていたら、幸せだっただろうな・・と感じる一人の女性が主人公のお話です。

 

「魔法使い」 人は彼女のことをそう呼びます。

 

80歳を超えているその女性は、私の尊敬する義母になんだか似ていて、

若輩者の自分がこんなとこで立ち止まっていたらだめだー・・・前を向かねば!と感じさせてくれるような、とても優しく、強い女性です。

 

こんなふうに年を重ねられたらな・・と思わずにはいられないような。

 

「ひかりの魔女」 山本 甲士 双葉文庫

 

「ひかりの魔女」「ひかりの魔女 にゅうめんの巻」「ひかりの魔女 さっちゃんの巻」と、現在3巻まで出ています。

 

年齢問わず楽しめるお話ですが、

大人が読むと、子供の頃とはちがう光が、心に灯るかもしれません。

 

 

お読みいただきありがとうございました^^