Shiratamausagiの読書ブログ

読書好きが個人的に面白いと思った本をのんびりと紹介しています

軽快でさくっと読める薄めの本

本を読みたいけれど、忙しい。息抜きしたいけど、あまり時間とれない。

そんな日常を過ごされている方は多いのではないでしょうか。

寝る前の30分くらいで一話読める、または仕事帰りの電車で一話読めるくらいの短編や薄い本を、これから何度かにわたってご紹介していきたいと思います^^

 

今日ご紹介するのは・・

 

「鼠、江戸を疾る」 赤川次郎 角川文庫  です^^

 

シリーズもので現在12巻まで出ています。とにかくテンポが速く、読んでいて疲れません!

軽くさくっと書かれているようで、内容には結構引き込まれます。

「鼠小僧」の次郎吉を主人公にした、痛快な時代劇エンターテイメントです。