白うさぎの読書ブログ

読書好きが個人的に面白いと思った本や学び、社会への疑問などについてのんびりと書いている雑記帳です

お正月休みに読んだ本

あけましておめでとうございます^^ 私の住んでいる場所では、お正月の間、よい天気が続き、とても過ごしやすかったです。おだやかなお正月になりました。 お休みの間、何冊か本を読みました。 帰省したり、おせちを作ったりいろいろしながらでしたので、少…

あなたの仕事は誰を幸せにしているの?

いろんなことを乗り越え、家族を支えて生きてきた、おばあちゃんに聞かれた言葉です。 働く、とははたを楽にする、という言葉で、 誰かのために、誰かの幸せのために体を動かすことを、働くことと信じていたおばあちゃんが、何でもないことのように聞いたそ…

先行きは見えないけれど

テレビをつけると、 大雪で大変なニュースやウクライナとロシアのことや、円安が終わるとかなんとかや、長期金利プラスマイナスの上げ幅拡大とか あんまりいいニュースがなくて、つまりどうしたらいいの?と思ったりとか。 地元の子供たちがこういう行事に参…

寒い冬がやってきた

突然寒くなりました>< 皆様いかがお過ごしでしょうか^^ 先日こたつを出しまして。まんまと出られなくなっております・・・ 最近、インプット欲がムクムクと育ってきて、沢山本を読んだり、自分なりに新しいことを学んだりしました。 そして、昔読んだ本…

自分を大切にすること

今週のお題「防寒」 寒いの苦手です・・^^でも暑いのも苦手です^^; でも、もっとずっと若い頃は、寒いほうが苦手でした。 体温が低く、血圧も低く、手足の先はいつも冷たく、おそらく内臓も冷えていたような。 風邪をひきやすく、うっかりひいたら肺炎…

尾を引く怖いお話

家のことでバタバタとして、更新が遅れてしまいました^^;; そんな日々も過ぎ、ゆっくりですが、少し本を読むこともできました。 しかし・・なぜか今回に限って少し怖い話を選んでしまい^^;すごーく後をひきました・・・。怖かった。映画の、「残穢」…

お題に挑戦

今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」 やる気がない時、一定間隔で訪れます・・ だいたい、精神的にすごく疲れた・・という日の翌日が休みだったときとか。 体力的に疲れた・・という日は、泥のように眠るので、だいたい翌日はすごく元気です。でも、精神的…

少ない椅子での椅子取りゲーム

最近、こういった言葉をよく聞きます。 仕事の数や、ポジションが減って、今残っている既存の席を取り合う椅子取りゲームになっていると。 最近のことでもありませんけどね^^; ここ20年以上、そんな感じになっているように思えます。 椅子取りゲームは結…

「強いね」

ねっとりとした、絡みつくような、そこから離れることを許さないような、そういった人間関係が苦手です。子供の頃から。 なので、子供の頃から理解不能というか、合わないな・・という価値観は沢山あって、 でもそれを言い出すと孤立してしまいそうになるか…

かっこいいはかっこ悪い

ずっと前、 ある一定のレールにのって、 こうあるべき姿を追い求め、 周りの期待に答え続け、 他人のこうしてほしい、という思いに敏感に反応し、 本当は全然ダメダメなところだらけの自分を隠して、 いいかっこの自分だけを、外で見せようとして頑張ってい…

秋の高い空を見て思い出す

ふとした瞬間に、見上げた空とか、 それぞれの季節の風景とか、 街やお店で流れる音楽とか、 何気なく見たり聞いたりしたことで、よみがえってくる記憶ってあったりしませんか? 昔、仕事終わりの父と、河川敷に夕日を見に行ったときに、街に流れていた曲と…

中身は少ないほうがいいけれど・・

今週のお題「カバンの中身」 カバンに必要なものを入れていく作業がとても好きです^^ 遠い遠い昔、私は、翌日に必要な教科書や筆箱を前日にランドセルに入れていくという作業を、すごく楽しみにしていたようなこどもでした^^; その名残かどうかはわかり…

お題に便乗して

今週のお題「最近おもしろかった本」 読んだ本をご紹介したり、日々の疑問をつらつら書いたりしている私にとって、すごくタイミングのいいお題がいただけたので、便乗させていただくことに^^ 最近またいくつか本を手に取りました^^ 涼しくなってきたので…

秋の読書始め

9月中旬過ぎから、何冊か本を読みました^^ 面白いと思えた本に出会えて、なんだか幸せでした。 物語を作れる人、すごいなぁ・・といつも思います。 本を出せるほど、何かに特化して頑張っておられる方も。 そんな人たちのおかげで、私の人生は、少し楽しく…

つなぐということ

ずっとずっと昔からある老舗の和菓子屋さんが、コロナ禍と物価高騰などで、ついに閉店を決めたという記事を読みました。 ずっと昔に、祖父が始めたお店を、孫の代で閉めると決めることは、 どれほどの痛みを伴うものなのでしょうか。 いわゆるサラリーマンの…

見送るのも見送られるのも

皆様は、環境の変化にお強いほうでしょうか? 私は、とても弱いです。 昔から、学年が変わるとか、クラス替えとか、 転勤とか><。 慣れるまでに少し時間がかかり、物凄く疲れる時期があったりしました。 仕事を辞める、とか、定年、とか、人生には変化がた…

求められたがり

忙しい、忙しい。 そんなことをしょっちゅう言っている人がいました。 でも、そこの職場の誰もが、その人が暇なのを知っていました。 なぜなら、景気的に冷え込んで、ほぼほぼみんな暇だったので、 その人のところにまわす仕事なんてなかったからです。 その…

高いスキルとモラルと思いやり

全然周りにたいしたことと思われていなくて、 日常生活ではほんと誰もが毎日やっていることだけれど、 全然スポットライトが当たっていなくて、 でもこれ、結構人によってレベルが違うよね・・と感じることの一つに、 ゴミ捨てがあります。 正確には分別と捨…

コーヒーとともに

私は、昔は料理やお菓子作りがあまり好きではありませんでした。 高校時代の課外では、ほかに興味のあるものがない、という理由と、なんとなく女子っぽい、という理由だけでクッキングクラブなるものに入ってしまったけれど、 それを秒で後悔するような、ど…

悲しい事件

投資サギで、150万円の借金を背負い、22歳の女性が命を絶ったというニュースを見ました。 母子家庭の方だったようで、ご本人と、残されたお母様が本当にお気の毒で、本当に読んでいて辛かったです。 真面目で、人に気を遣う優しい人。 そういう人だったと書…

冷やし・・・

今週のお題「冷やし○○」 私には、子供の頃からやってきた習慣がありまして^^ 無意識にやってしまうというか、その状態が一番好きというか^^ それは・・ チョコレートを冷凍庫にいれること(。-`ω-)キリ そしてそのチョコは板チョコであること。 チョコは板…

限界がきたって思った時にはもう超えてる

真面目な人ほど、責任感が強い人ほど、思いやりのある人ほど、 自分の中に負の感情が生まれても、うまく隠したり、我慢したりする。 そしていつしか心がいっぱいいっぱいになって、 もう頑張れなくなって、でも頑張らないといけないと思って、 でももう限界…

最近の読書

ようやく少しだけ涼しくなってきましたね。 皆様いかがお過ごしでしょうか^^ 暑すぎるがゆえに読書スピードが落ちてしまいまして、ゆっくりな感じに(笑) ですが、いい本にも出会えてうれしい週でもありました^^ ここ最近手に取ってみた本はこちら(=゚ω゚)ノ…

得る幸せ 失う不安

何かを手に入れる幸せと、 それを失うかもしれない恐怖は、同義。 時々、そんな風に思ったりします。 大切な大切な人ができると、別れがあるかもしれないし、 最後まで一緒にいたとしても、同時には死ねないし、 大切であればあるほど、いつか来るであろう別…

心に灯を

子供の頃、どこにも居場所がないように感じていました。 実際には、両親もいたし、友人ぽい人もいたし、住む家もあったし、学校に行って、部活をして、勉強して、とけっこう忙しい生活をおくっていたのですが、 心が安らぐ時間もなく、いつも、なんだかざわ…

「みんな」って誰のこと

「みんな」持ってるから持たないと 「みんな」やってるからやらないと 「みんな」が言ってるから正しいかも そう思ったりしたこと、ありませんか? 「みんな」がやってることから、はみ出るのは怖いですよね。 もしかするといじめられたりするかも・・とか変…

頑張って頑張った先の未来を

「成功」とか「幸せ」の定義は人によって違うけど、 でもみんな、幸せになりたい、なんかある程度成功した人になりたい、って思っているのではないのでしょうか。 でも、成功するため、幸せになるために、 学生時代まで、まじめに勉強し、先生の教えを守り、…

何者か 私だ(笑)

「何ものかにならなくてはいけない」 皆様は、なんかこういうこと、思ったことありませんか? 私がこういった感情に心を振り回されていたのは、就職して最初の転勤があり、そこで自分の未来であるであろう先輩たちの姿をたくさん見て、 未来は詰んでいる と…

過去の偉人たちを観光に使う現代人

都心部では、その街自体に活気があり、人口も多く、きれいな都会にあるものを楽しめる、といった観光目的の人も多いでしょうけど、 田舎は、過去の偉人に頼った観光の名所(と言われているところ)が多いように思います。 その街独自の魅力、とかではなく、…

普通だと思っていることを失うのは一瞬

「普通○○だろ」 「あいつは普通じゃない」 昔、そんなことをよく口にする上司がいました。 自分に対して言われたのではなくても、それを聞くたび、自分の心臓に何か刺さったような、嫌な気持ちになりました。 普通ってなんでしょうね。 世間体的には、人生に…